PHILOSOPHY
GRAND FOGLIA

ビューラウンジからのCRUISE GARDEN(眺めの庭)を望む完成予想図CG

PHILOSOPHY

グランフォーリアの思想

グランフォーリアは、トヨタホームと矢作地所が共同事業として進めるマンションプロジェクト。住宅という器をつくるだけではなく、潤いゆたかな環境も創造することで、日々の暮らしをより満ち足りたものにし、また周囲の街並にも美しい景観をもたらします。本プロジェクトでは、そのためにいくつかのテーマを設定しました。

PHILOSOPHY01

住まいを、経済的な数字によって良し悪しを判断するのではなく、その場所で、どれだけ豊かな時間が過ごせるか、そこに、どれほど感動的な時間があるのかが大切になっていくと考えます。モノとしての価値ではなく、過ごす時間の価値を考えて暮らしのビジョンを創造する。本プロジェクトの開発面積約9,200㎡は、そんな発想でデザインされています。

philosophy_1.PHILOSOPHY

空間の価値から、
時間の価値へ

住まいを、経済的な数字によって良し悪しを判断するのではなく、その場所で、どれだけ豊かな時間が過ごせるか、そこに、どれほど感動的な時間があるのかが大切になっていくと考えます。モノとしての価値ではなく、過ごす時間の価値を考えて暮らしのビジョンを創造する。本プロジェクトの開発面積約9,200㎡は、そんな発想でデザインされています。

空間の価値から、時間の価値へ

PHILOSOPHY02

伝統的な日本家屋の町家づくりは、住まいの奥に庭を配することで、快適な居住環境をうみだします。このまちの庭も、そんな日本の住生活の知恵をヒントに計画されました。樹木が日差しを遮り、風を取り入れる。冬は、葉を落とし、光を採りこむ。樹々でおおわれた公園の心地よさを暮らしの中に行き渡らせます。 ※微気候 : 地面近くの気層の気候。地表面の状態や植物群落などの影響を受けて、細かい気象の差が生じること。

philosophy_2.PHILOSOPHY

微気候をつくりだす庭

伝統的な日本家屋の町家づくりは、住まいの奥に庭を配することで、快適な居住環境をうみたします。このまちの庭も、そんな日本の住生活の知恵をヒントに計画されました。樹木が日差しを遮り、風を取り入れる。冬は、葉を落とし、光を採りこむ。樹々でおおわれた公園の心地よさを暮らしの中に行き渡らせます。 ※微気候 : 地面近くの気層の気候。地表面の状態や植物群落などの影響を受けて、細かい気象の差が生じること。

微気候をつくりだす庭

PHILOSOPHY03

敷地内に、住む人だけが体感できるプライベートガーデンを配置。そのスケールは、広さ約1,000㎡。ゆたかな樹々につつまれ、住む人同士の出会いやふれあいがはぐくまれます。また一方で、公道に沿って散策路が連なる庭や、高さ約10mのシンボルツリーをはじめとする植栽帯を設置。周囲にお住まいの方にとっても、美しく心地良い風景になることを目指しています。

philosophy_3.PHILOSOPHY

プライベートガーデンと
パブリックガーデン

敷地内に、住む人だけが体感できるプライベートガーデンを配置。そのスケールは、広さ約1,000㎡。ゆたかな樹々につつまれ、住む人同士の出会いやふれあいがはぐくまれます。また一方で、公道に沿って散策路が連なる庭や、高さ約10mのシンボルツリーをはじめとする植栽帯を設置。周囲にお住まいの方にとっても、美しく心地良い風景になることを目指しています。

プライベートガーデンと
パブリックガーデン

※掲載の完成予想CGは、設計段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。また、施工上の都合により形状・仕様・色彩・植栽等に変更が生じる場合があります。外観形状の細部、設備機器等の表現を省略しています。また、植木等は、ある程度生育した後を表現しています。植栽は特定の季節や入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※掲載の線画イラストは、考え方を図説するためのもので実際とは異なります。

〈 資料請求受付中 〉
資料のご請求はこちら資料請求
〈 来場予約受付中 〉
ご来場予約はこちら 来場予約