MESSAGE
GRAND FOGLIA

ビューラウンジからのCRUISE GARDEN(眺めの庭)を望む完成予想図CG

MESSAGE

グランフォーリアの思想

グランフォーリアは、トヨタホームと矢作地所が共同事業として進めるマンションプロジェクト。住宅という器をつくるだけではなく、潤いゆたかな環境も創造することで、日々の暮らしをより満ち足りたものにし、また周囲の街並にも美しい景観をもたらします。本プロジェクトでは、そのためにいくつかのテーマを設定しました。

PHILOSOPHY01

住まいを、経済的な数字によって良し悪しを判断するのではなく、その場所で、どれだけ豊かな時間が過ごせるか、そこに、どれほど感動的な時間があるのかが大切になっていくと考えます。モノとしての価値ではなく、過ごす時間の価値を考えて暮らしのビジョンを創造する。本プロジェクトの開発面積約9,200㎡は、そんな発想でデザインされています。

philosophy_1.PHILOSOPHY

空間の価値から、
時間の価値へ

住まいを、経済的な数字によって良し悪しを判断するのではなく、その場所で、どれだけ豊かな時間が過ごせるか、そこに、どれほど感動的な時間があるのかが大切になっていくと考えます。モノとしての価値ではなく、過ごす時間の価値を考えて暮らしのビジョンを創造する。本プロジェクトの開発面積約9,200㎡は、そんな発想でデザインされています。

空間の価値から、時間の価値へ

PHILOSOPHY02

伝統的な日本家屋の町家づくりは、住まいの奥に庭を配することで、快適な居住環境をうみだします。このまちの庭も、そんな日本の住生活の知恵をヒントに計画されました。樹木が日差しを遮り、風を取り入れる。冬は、葉を落とし、光を採りこむ。樹々でおおわれた公園の心地よさを暮らしの中に行き渡らせます。 ※微気候 : 地面近くの気層の気候。地表面の状態や植物群落などの影響を受けて、細かい気象の差が生じること。

philosophy_2.PHILOSOPHY

微気候をつくりだす庭

伝統的な日本家屋の町家づくりは、住まいの奥に庭を配することで、快適な居住環境をうみたします。このまちの庭も、そんな日本の住生活の知恵をヒントに計画されました。樹木が日差しを遮り、風を取り入れる。冬は、葉を落とし、光を採りこむ。樹々でおおわれた公園の心地よさを暮らしの中に行き渡らせます。 ※微気候 : 地面近くの気層の気候。地表面の状態や植物群落などの影響を受けて、細かい気象の差が生じること。

微気候をつくりだす庭

PHILOSOPHY03

敷地内に、住む人だけが体感できるプライベートガーデンを配置。そのスケールは、広さ約1,000㎡。ゆたかな樹々につつまれ、住む人同士の出会いやふれあいがはぐくまれます。また一方で、公道に沿って散策路が連なる庭や、高さ約10mのシンボルツリーをはじめとする植栽帯を設置。周囲にお住まいの方にとっても、美しく心地良い風景になることを目指しています。

philosophy_3.PHILOSOPHY

プライベートガーデンと
パブリックガーデン

敷地内に、住む人だけが体感できるプライベートガーデンを配置。そのスケールは、広さ約1,000㎡。ゆたかな樹々につつまれ、住む人同士の出会いやふれあいがはぐくまれます。また一方で、公道に沿って散策路が連なる庭や、高さ約10mのシンボルツリーをはじめとする植栽帯を設置。周囲にお住まいの方にとっても、美しく心地良い風景になることを目指しています。

プライベートガーデンと
パブリックガーデン

私たちの想いが
一つになったプロジェクト

本プロジェクトを進めるにあたり、ランドスケープデザイン、建築デザインのエキスパートとともにチームを結成。メンバー同士が言葉を重ねるごとに、プロジェクトのめざす先が見えてきました。チームのメンバーからあなたへ、お伝えしたい想いがあります。

 

ARCHiTECTURAL DESIGN

このまちにしっかりと根をおろした
建物になります

最初は、未来的でモダンで、見たことのない建物をつくろうと。でも、安城桜町に何度か出かけて考えを改めました。もともとこのまちに備わっている景色や開放感(空の広さ)、安らぎ(静けさ、心地よい環境)という魅力を受け継いだ建物をと。ゆったりとした時の流れに呼吸を合わせるような、そんな邸宅をめざしました。 建物やエントランスをデザインした株式会社南條設計室 岡崎徹・南條雄吾

 

LANDSCAPE DESIGN

安城を潤す緑のネットワーク、
その一員としての役割を

周辺には、安城公園をはじめとする大小さまざまな公園や緑地が点在しており、それはまるで緑のネットワークを形成して、地域の暮らしを潤しているようでもありました。本計画は、マンション開発ですが、その広大な敷地を利用して、可能なかぎり樹々を植えようと。そうすることで、このまちに貢献できる事業になればと考えたのです。 ランドスケープデザインを担当した
グランスケープ有限会社 大石剛正・喜多聖成

 

始まりは、高原リゾートをつくる、でした

家族が安心して暮らせること。便利で潤いがあり、安らぎがあること。でも、それでは足りない気がしました。普段の生活に、ときめきとか感動、新しい発見があり、自分らしさが発揮できる、そんな場所にできないかと。まるで高原リゾートのようなマンションどうでしょう、と。7つの庭とともに、ホテルのような多彩な共用施設も実現できそうです。 矢作地所株式会社 開発部 田中沙也加

 

ものづくりへの想いから生まれる
理想の住まいを

矢作地所さんと共同事業を続けて5年、共同事業を5物件、グランフォーリアシリーズは3物件目です。グランフォーリア(大きな葉っぱ)という名前のとおり、このプロジェクトは、建物だけではなく環境づくりも大切にしています。トヨタホームが掲げる“安心・安全”の住まいづくりとともに、緑が暮らしをいつくしむ住まいのカタチ。ふたつの想いがひとつになって、新しい理想の住まいがうまれます。 トヨタホーム株式会社 都市開発事業部 鶴田那由加

 

マンションギャラリーで見かけたら、
気軽にお声がけください

計画地は、もともと杉浦製粉さんの土地で、当時用水路のほとりの並木が、とても印象的でした。自然を愛してきた地権者さんの想いを大切にして、いろんな方々に愛される、そんなランドマークになればと思っています。10年後、20年後…、このマンションはたくさんの樹々に包まれて、どんな風景になっているのでしょう。想像するだけでワクワクします。 矢作地所株式会社 営業部 南部純二

※掲載の完成予想CGは、設計段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。また、施工上の都合により形状・仕様・色彩・植栽等に変更が生じる場合があります。外観形状の細部、設備機器等の表現を省略しています。また、植木等は、ある程度生育した後を表現しています。植栽は特定の季節や入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※掲載の線画イラストは、考え方を図説するためのもので実際とは異なります。

〈 資料請求受付中 〉
資料のご請求はこちら資料請求
〈 来場予約受付中 〉
ご来場予約はこちら 来場予約
〈 オンライン窓口開設 〉
ご相談はこちらオンライン相談